亡国週記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【厳罰に処すべし】〜ザ・リッツ・カールトン大阪で複数メニューにうその表記、謝罪

<<   作成日時 : 2013/10/26 22:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【産地の表示偽装の時も同じ論調で記事を書きましたが、『このような偽装があった場合は、最低でも高額の罰金と、その会社の社長・役員が10年間は食品を扱う事業に従事できないようにする等、厳罰を科すべき』です。さもなくば、偽装し放題になり、国民は甘んじてそれを受け入れるしかないのですから】


>リッツ・カールトン側は、
>「うその表記は、知識や従業員への教育が足りなかったことによるもので

例えば、

【 暴力団の組長が、

  『今回の抗争で相手の組長をうちの組員が殺したのは、

   その組員の独断で、私はあずかり知らない』

  と言ったら、無罪になるか? ということと同じです 】



そして今回の偽装もそうですが、間違いなく

【 国家が厳罰を科さないからこそ

  のうのうと行われていたのであり、

  国家(政治屋様)自体に罪があるのです 】


当然、声をあげない我々国民にも罪はあります。



>リッツ・カールトン側は、「うその表記は、知識や従業員への教育が
>足りなかったことによるもので、意図的な偽装ではない」と強調している。
>2013年7月に気づいたものの、公表していなかった。

なにを世迷言を?

7月に気が付いてすぐ公表しない時点で、

意図的な偽装ですよね?



どうせ、以前から把握しておきながら、良心的な社員から、

「いい加減にしないとリークする」と突き上げられたから

放置できなくなったんですよね?





ザ・リッツ・カールトン大阪で複数メニューにうその表記、謝罪
フジテレビ系(FNN) 10月26日(土)18時29分配信

ザ・リッツ・カールトン大阪で、複数のメニューにうその表記があった問題で、少なくとも7年半前からこうした表記が行われ、2013年7月に気づいたものの、公表していなかった。
ザ・リッツ・カールトン大阪は、エビやジュース、パンで、メニューと実際の食材が違ううその表記があったとして謝罪した。
26日の会見で、エビとパンのうその表記について、少なくとも7年半前から行われていたことが明らかになった。
さらにエビについては、2013年7月にうその表記に気づいていたものの、公表していなかったことも新たにわかった。
ザ・リッツ・カールトン大阪のオリオル・モンタル総支配人は「わたしがことの重大さを理解していなかった。今までにわたしの経験では、このような問題に直面したことがなかった」と述べた。
リッツ・カールトン側は、「うその表記は、知識や従業員への教育が足りなかったことによるもので、意図的な偽装ではない」と強調している。
今回の問題で、リッツ・カールトンは、利用者に全額返金するための窓口を設ける方針。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
【厳罰に処すべし】〜ザ・リッツ・カールトン大阪で複数メニューにうその表記、謝罪 亡国週記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる